logo
logo
テレビで放映された食材トピックスの中から食材の栄養素やレシピの話題を1つピックアップ。
アプリ「グゥテレ」なら、この他にもテレビで放送された食の情報をタイムリーにチェックできます。
店長!健康効果UPする「油」の賢い使い方とは?!が注目です
2019-11-18 10:19:57
11月17日(日)の健康カプセル!ゲンキの時間では、血管・脳が若返り、免疫力がUPする「油」の賢い使い方を紹介していました。



「油」はここ最近、正しく使えばさまざまな病気の予防が期待できる「健康食」として注目されています。



油に含まれている「脂肪酸」は、細胞組織の生成などに必要な成分で、脳を活性化させるエネルギーとなり健康を保っているといいます。



そこで今回は、より健康になるための「油の賢い使い方」をご紹介します。



油の賢い使い方「揚げる」。



揚げ物をする際には、油の酸化に注意が必要だそうです。



油が酸素と結びつき酸化することで、成分が劣化してしまいます。

酸化した油を摂取し続けると、細胞の機能が低下し、動脈硬化や認知症などの原因になるといいます。



酸化の原因は主に熱のため、揚げ物には熱に強い油の「オメガ9」がオススメとのこと。

オメガ9の油とは、オリーブオイル、菜種油、米油など。



続いて、油の賢い使い方「炒める」。



5分程度の過熱では酸化に差はないので、熱に弱い油を使っても問題ないそうです。



ただし、野菜を炒めるには「米油」がオススメ。



米油には、ビタミンEの中でも特に強い「トコトリエノール」が含まれています。

ビタミンEには強い抗酸化力があり、老化の原因となる活性酸素を抑えてくれるため、免疫力アップや老化防止効果が期待できるといいます。



さらに、トコトリエノールの抗酸化力は、通常のビタミンEの約50倍あるため、米油で野菜を炒めれば、野菜のビタミンCとの相乗効果に期待できます。



油には動脈硬化の原因となる飽和脂肪酸も含まれているため、油の摂りすぎには注意が必要とのこと。



油を賢く使い、健康効果をアップさせましょう。
グゥテレ
グゥテレは、テレビのトレンドをいち早くキャッチし、新鮮な販促情報をお届けします。
紹介ページはコチラから。
スマートフォン・タブレット向けアプリ
アプリ「グゥテレ」なら、食に関する注目の話題も見落とさない。
今日のイチオシも更新されたら通知されます。

アプリダウンロードはこちらから

  • iOSの方

    Download on the App Store
  • androidの方

    Download on the